カマグラゴールド

カマグラゴールドは副作用が起きやすいED治療薬!?

更新日:

副作用が起きやすい

カマグラゴールドの元となっているバイアグラは強い効果を得られる反面、副作用もあらわれやすいという特徴があります。
カマグラゴールドはそんなバイアグラと同じ有効成分を利用しているため、多少は改善されているものの、副作用は基本的にバイアグラと同じようになります。

カマグラゴールドの副作用にはどういったものがあるのか見ていきましょう。

カマグラゴールドで起こる副作用

副作用

カマグラゴールドには次の副作用が報告されています。

頻度 症状
1%以上 ほてり、潮紅、頭痛
0.1~1%未満 動悸、めまい、消化不良、腹痛、鼻炎、関節痛、筋肉痛、発疹etc.
0.1%未満 興奮、神経過敏、無気力、便秘、喘息、背部痛、発汗、眼乾燥etc.
頻度不明 失神、勃起の延長、鼻出血、副鼻腔炎、霧視、突発性難聴、感染症etc.

これらは臨床試験の際に報告された症状であり、通常の服用で多く報告されている副作用はほてり、頭痛、動悸となります。
基本的には少し気になる程度の症状であり、セックスをはじめてしまえばあまり気になりません
しかしセックスに集中できないほどの症状であれば、速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。

カマグラゴールドで起こる重篤な副作用

ごく稀にではありますが、次のような重篤な副作用も報告されています。

・高血圧
・不整脈
・記憶力低下
・不眠症
・呼吸障害
・心筋梗塞
・低血圧
・持続勃起
・視力低下
Etc.

これらの副作用は生活に支障をきたすばかりか命の危機にまで至るため、これらの症状が出た場合は速やかに医師の診察を受けましょう

カマグラゴールドを服用するとなぜ副作用は起きる?

副作用はなぜ起きる
カマグラゴールドを服用すると、血管が拡張されて血流がよくなります
ほとんどの副作用がこの作用によって引き起こされます。

【ほてり】
顔の血管が拡張され血流がよくなるため、顔がほてって熱いという状態になる。

【頭痛】
頭部の血管が拡張され血流がよくなると、血流の流れが頭部の神経を刺激して頭痛を引き起こす。

【動悸・低血圧】
血管が拡張されると圧力が弱まり血圧を下げてしまい低血圧を引き起こす。
血圧が下がると酸素が十分に行き渡らなくなるため、それを補うために心拍が上昇し、動悸が出る。

血管拡張・血流増加はペニスやペニス周辺だけではなく全身で起こるため、それに伴いさまざまな副作用の症状が出るのです。

カマグラゴールドの副作用ってどれくらい続く?

副作用が続く時間

カマグラゴールドの副作用は、服用後どれくらい経って症状があらわれ、どれくらい続くのでしょうか。

【副作用の発現】
基本的に副作用が出る人は、服用後20~30分ほどで症状が出てきます。
これはカマグラゴールドを服用後、有効成分が体内へ吸収されるのに30分ほどかかるからです。成分が吸収されると効果が出てくるため、それと同時に副作用があらわれます

副作用の種類によっては、セックスが終わった後にあらわれたといわれているものもあります。しかしそれはセックスに集中していて気づいていなく、セックス後に集中力が切れて症状を感じるようになった場合がほとんどです。

【副作用の消滅】
症状が出たあとどれくらい続くのかというと、基本的には3時間半ほどです。
有効成分の半減期(血中濃度が最高値になってからその半分の濃度になるまでの時間)が約3時間半であり、効果を得られる時間はその程度であるため効果が切れるのと同時期に副作用も切れることになります。

人によっては症状の違和感が翌日以降に持ち越されることもあります。しかし医薬品を服用した後であるため、普段は気にならない症状でも気になってしまっている場合も。
生活に支障をきたさなければあまり気にせず、支障をきたすようであれば早めに医師の診察を受けましょう。

POINT

副作用の発現:服用後30分ほど
副作用の消滅:発現後3時間半ほど

-カマグラゴールド

Copyright© カマグラゴールド通販BOOK , 2019 All Rights Reserved.